Williams Mullen

2011.01.16 Deal or No Deal(取引か不成立か? Don’t leave a Mediation without a Signed Final Settlement AgreementBy: Gilbert C. “Gib” Laite, III

01.17.2011

当事者、その弁護士、調停人は、当事者の争いの解決に至るまで、また来るべき訴訟の裁判を回避するために長い一日から夜通し働きました。 そしてついに、午後10時前、調停人は合意に達したことを発表した。 全員が大会議室に集まった。 調停委員は、紙を一枚出して、当事者の合意事項を書き出し、その都度、各条項を告げた。 他の条件として、当事者は1週間以内に最終的な和解契約書を作成し、署名することに同意した。 重要な条件がすべて確認されると、調停人は覚書をコピーし、各弁護士に1部ずつ渡した。 調停から1週間後、原告の弁護士は、合意した条件を反映し、原告が最終合意に「必要」と考えるいくつかの新しい別の条件を追加した和解契約書の草案を作成した。 しかし、被告は追加条項に同意せず、原告もその撤回を拒否した。 こうして、両当事者は最終的な和解契約書に署名することはなかった。 苛立ちを覚えながらも、何とかこの取引を終わらせたいと考えた原告は、調停で合意された和解条件を執行するよう裁判所に申し立てた
Deal or No deal?(取引成立か不成立か)。 Intersections, Inc. v. Loomisは、バージニア州法に基づき、この仮説のシナリオと同様の事実を含むケースで、連邦裁判所は「取引なし」と判断した。 当事者は調停中に暫定的な合意に達したが、条件のひとつに、当事者は最終的に正式な和解契約書によって拘束されることが明記されていた。 この条件は発生しなかったため、裁判所は、当事者が拘束力のある和解合意に達することはなかったと裁定しました:

この事例では、当事者間に拘束力のある、法的に強制力のある和解合意が存在しないことを示す証拠があります。 2010年1月14日の和解会議において、当事者は暫定的な合意に達したものの、最終的には、書面、署名、完全に統合された和解契約によってのみ拘束されることを明確に想定していました。

原告が合意書の草案に調停条件書にない追加の条項を含めたことは、当事者間の「心の交流」がなかったことをさらに示す証拠となっています。 心の交流がなければ、強制力のある契約は存在しない。
バージニア州の最高裁判所も、同様のケースで同じ結論に達している。 Golding v. Floydにおいて、裁判所は、すべての当事者が正式な和解契約書を作成し、署名しなければならないことを理解していたので、調停ですべての当事者が署名した「和解契約メモランダム」は拘束力のある和解契約ではないと判断した。
調停は法的請求と紛争を解決するための素晴らしい手段である。 当事者が調停セッションで合意に達した場合、調停が終了する前に、書面による和解契約に署名することが望ましい。 当事者が最終合意を実行するか、最終文書に署名するまで問題が解決されていないことを理解して調停を残していない場合、彼らは彼らが得るに非常に近かった合意を失う危険性があります。 当事者が、調停から時間が経過した後で、その決定を再検討したり、当事者の弁護士が、後で合意書を書面にする際に、調停で原則的な合意に達したときに、依頼人にとって重要な用語を含めていなかったことに気づいたりすることは、珍しいことではありません。 この可能性を避けるために、ほとんどのプロの調停者は、取引が成立した場合、調停が終了する前に拘束力のある契約書を作成し、当事者によって署名されなければならないと主張する。
このトピックに関する詳細については、著者またはウィリアムズ・ミュレン建設チームのメンバーにお問い合わせください。
注意:
このニュースレターには、実際の法律問題、法令、意見に関する一般的で凝縮した要約が情報提供を目的として含まれています。 また、法的なアドバイスとして解釈されるものではありません。 特定の問題について特定のニーズがある読者は、有能な弁護士にサービスを依頼する必要があります。 詳細については、当社のウェブサイトwww.williamsmullen.com、Gilbert “Gib” C. Laite, III (919.981.4046) までお問い合わせください。

お問い合わせ|1-804-420-6288
まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。