Tessier no. 7 cleft: a new subclassification and management protocol

Background: Tessierはまれな頭蓋顔面裂を解剖学的に説明した。 そのNo. 7裂は,大顎骨,顔面外側筋ジアスタシス,上顎骨と頬骨の骨異常からなる顔面外側裂である. 初期のコンピュータ断層撮影により、骨異常に関する予備的な洞察が得られた。 この論文では、この患者グループについて、臨床的および放射線学的特徴を定義し、最適なプロトコール管理を助言するためにレビューしている。

Methods: Tessier No.1の患者15名のレトロスペクティブな症例検討。 7裂の患者15例について、過去25年間のオーストラリア頭蓋顔面ユニットによるレトロスペクティブな症例検討を行っている。 半顔症マイクロソミーとTreacher-Collins症候群の症例は除外した。 患者群の臨床的特徴を写真(全裂)および画像(7裂)で分析した。 外科的管理および転帰をレビューした。

結果 研究期間中に15名、18裂(両側3裂)の治療を行った。 全例に大口径症(平均長さ2cm)があり、94%の症例にトラガス(44%)、側頭部(28%)、または外側眼尻(22%)に向けて筋ジスによる軟部組織の隆起が認められた。 骨異常は上顎臼歯部の単純な裂溝が55%、上顎重複が39%、顎間融合が6%であった。 外科的介入としては、最初の機会にマクロストミアの修復、上顎重複の切除(年齢中央値4歳)、裂孔への歯槽骨移植(年齢中央値10歳)などが行われた。 これらの患者の最適なフォローアップは、審査に必要な距離が長いため、障害となっている。 この管理プロトコルで治療された患者は、現在までに機能的にも審美的にも良好な結果を得ている。

結論 本稿では,Tessier no. 7 cleftを詳細に説明し,骨異常の新しい下位分類を示唆した. cleftとduplicationの骨異常に対して調整された管理プロトコルが提案され、本疾患の治療患者は良好な結果を得ることができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。