John A. R. Newlands

Newlands 氏がインフルエンザの発作のため、比較的早い年齢(61歳)で亡くなったことを記録しなければならないのは残念である。 理論化学の分野では、元素の原子量の数値関係ほど注目されているものはないだろうが、若い世代の化学者の中には、通常「周期律」として知られている驚くべき一般化の確立に至る経緯を知っている者はほとんどいない。 しかし、ニューランズと同時代の研究者や、この分野の文献を調べてみた人なら誰でも、このいわゆる法則に具現化されている基本的な関係を発見したのが彼であり、メンデレーエフやローター・マイヤーが彼らの見解を発表する約5年前に、彼が原子量と性質の関係を明確に表現していたことを知っている。 しかし、ニューランズが1864年8月の『ケミカル・ニュース』で最初に注目し、1865年8月の同誌でさらに詳しく紹介し、1866年3月9日の化学協会への通信でさらに強調して3度目に注目した、これほど注目すべき観察に化学界が無関心だったことを30年以上経た今になって説明することは困難である。 それ以前にも何年もの間、このテーマはいわば空気中の出来事であった。 デュマ、グラッドストン、そして後にはオドリングによる数多くの論文が発表され、原子量についてさまざまな取り決めがなされたが、包括的なものはなかった。しかし、孤立したいくつかのグループではなく、既知の元素のすべてを網羅する体系を持つ計画が持ち上がったとき、化学協会にできることは、嘲笑と軽蔑をもってこれを拒否し、当時はわずかなページしかなかったその雑誌に新しい学説を一言も印刷しないことだった。 多くの原子量の数値に関する意見が定まっていなかったことは、愚かさと偏見のように思える唯一の言い訳になるだろう。ニューランズの取り決めでは、1864年から66年にかけてカニッツァーロが推奨した標準的な原子量を採用する必要があったが、これらの値はまだ多くの化学者にとって知られていないか、無視されていたのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。