A Dermatologist Says *This* Is Howften You Should Be Showering

世の中には、2種類のシャワー派が存在します。 体をきれいにするためだけに湯船につかる「入りっぱなし派」と、体をきれいにするためだけに湯船につかる「やりっぱなし派」です。 そして、シャワーを、フレッシュなユーカリやエッセンシャルオイル入りのボディソープ、いい香りのボディスクラブなどで、本格的な体験に変えたがる人たち(有罪!)もいます。 おわかりですね。

あなたが後者のカテゴリーに入るなら、シャワーがかなり時間のかかるものであることを知っているでしょうし、時には、率直に言って、気にすることができないこともあります。 大事な用事がある! 人に会わなければならない そこで質問です。 実際にシャワーを浴びる頻度はどのくらいがいいのでしょうか? ここでは、ビバリーヒルズの皮膚科医ジェニファー-ハーマン、MD、最も差し迫ったシャワー関連の質問のすべてを尋ねた。

では、どのくらいの頻度でシャワーを浴びるべきですか?

短い答えです。 それはあなたのライフスタイルに依存します。 「もしあなたが非常に身体的に活発であったり、化学物質や汚れ、埃にさらされる環境で働いているのであれば、肌を清潔に保つために毎日または1日2回のシャワーが理想的かもしれません」と、Herrmann博士は述べています。 「一般的な人は、通常、1日1回で十分です」

ここで、ニュースを伝える注意点は、実際には、毎日全身に石鹸を使う必要はない、ということです。 「過剰な洗顔料は、皮膚から天然オイルを奪い、皮膚に生息し、健康を維持するのに役立つ生物の正常な環境である微生物群を破壊するため、乾燥につながり、湿疹などの特定の皮膚の状態を悪化させる可能性があります」とHerrmann博士は説明します。 このため、乾燥や湿疹などの皮膚疾患の原因となるのです」とハーマン博士は説明します。「1年間に高級なボディソープに使うお金をすべて節約できることを想像してみてください。 チャチーン!

泡といえば、理想的な石鹸の種類はありますか?

自分の肌のタイプに合った石鹸を使うのが一番だと、ハーマン先生は言います。 また、敏感肌の方は、肌に優しい洗顔料を使用することをお勧めします。 また、「添加物が少なく、香料も入っていないものが多いので、肌を刺激することがあります」と説明します。 にきびで苦労している場合は、過酸化ベンゾイルのような抗菌剤またはサリチル酸のような剥離剤とクレンザーは、あなたの肌に適しています。

ヘチマやその他のクレンジングスポンジについては、Herrmann博士はあまり好きではありません。 「そのため、このような「痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い痒い。

肌タイプによって、シャワーの頻度を変えることを推奨していますか?

ライフスタイルに加えて、肌タイプもシャワーの頻度を決める要因になるのです。 「非常にオイリーでにきびができやすい肌の人は、シャワーを頻繁に浴び、抗菌クレンザーを使用すると効果的です」と、Herrmann博士は述べています。 「一方、乾燥肌の人は、シャワーの頻度を減らすか、少なくともシャワーが毎日行われる場合は、顔、股間、脇の下にクレンザーを制限する必要があります。 ”

理想的なシャワーの頻度は、性別や年齢によって異なるのでしょうか?

Herrman博士は、シャワーのパターンに関しては、性別はあまり関係ないと言っていますが、年齢は関係あるそうです。 また、「乳幼児や高齢者は皮膚が薄く、敏感なので、入浴の頻度を少なくし、冷たい水を使い、敏感肌のために作られた最も優しい洗浄剤を使用すべきです」と言います。

季節の変わり目にはシャワーの頻度を変えるべき?

「空気が乾燥し、室内の暖房がフル稼働する冬場は、皮膚もより乾燥する傾向があります」と、ハーマン博士は言います。 “あまりにも頻繁にシャワーを浴びると、乾燥が悪化し、湿疹や酒さなどの皮膚の状態を悪化させる。” しかし、夏の間、物事はかなり汗をかくことができますので、あなたのシャワーの頻度を増やすことはおそらく良いアイデアです。

シャワーを浴びない時間が長いとどうなりますか?

シャワーを浴びない時間が長いと、臭い以外に注意すべきことは、皮膚に厚くて黄色っぽい斑点ができ始める可能性があるということです。 このような場合、「痒みのある赤みがかった斑点につながる脂漏性皮膚炎と呼ばれる状態になる可能性があります」とハーマン医師は言います。

シャワーを頻繁に浴びるとどうなるか?

反対に、シャワー愛好家で、少し頻繁にシャワーを浴びているかもしれませんが、肌が乾燥しがちな人や、何らかの皮膚疾患に悩まされている人にとっては、あまり良いアイデアではないかもしれません。 「ハーマン博士は、シャワーを頻繁に浴びると、肌から天然オイルや保護物質が失われると説明しています。 “これは乾燥につながり、湿疹、酒さ、乾癬など多くの皮膚疾患を悪化させる可能性があります。”

理想的なシャワーの長さと水温は?

その答え。 体をきれいにするのにかかる時間と同じだけ、とHerrmann博士は言います。 言い換えれば、45分間の熱いシャワーは神聖な感じがするかもしれませんが、肌にとってはベストなことではないのです。 水(特に熱いお湯)を使いすぎると、肌が乾燥します。 その代わり、ぬるめのお湯を使い、シャワーはできるだけ短時間で済ませましょう。

洗髪の頻度は?

体の皮膚はカバーできましたが、髪はどうでしょうか? Herrmann博士によると、これもライフスタイルによるとのことです。 ホットヨガのクラスで毎日汗だくになっているのなら、毎日髪を洗うのが一番でしょう。 「ほとんどの人、または色のついた髪の人は、自然の保護油を剥がし、より迅速に色をフェードとして、毎日シャンプーを使用する必要はありません」と彼女は言います。

というわけで、こんなところでしょうか。 シャワーの頻度は、生活習慣や肌質によって異なりますが、1日1回のシャワーは、ほとんどの人にとって良いルールだと言ってよいでしょう。 謎は解けました。

さて、それでは、シャワーを浴びた後に製品を塗る順番ですが、これが3ドルの買い物を究極のスパゲッティに変える方法です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。