18年の不動産大循環

バーナンキ議長の主張は大カナシである。 FRBは連続的なバブルの吹き飛ばし屋である。 まず、FRBが発生させた需要バブルについて考えてみよう。 これを行う最も簡単な方法は、米国の購買者に対する名目最終売上高の増加傾向率を測定し、次にその傾向からの乖離を調べることである。 添付のグラフが示すように、1987年第1四半期から2009年第3四半期までの名目最終販売額の成長率は年率5.4%であった。 これは、3%の実質売上高の伸びと2.4%のインフレの組み合わせを反映している。

総需要の名目最終売上高の指標は、トレンドからの3つの著しい逸脱(需要バブル)を含む。 1つ目は1987年10月の株式市場の暴落の後である。 2つ目は、アジア金融危機と1998年のロシア・ルーブルと長期資本運用の破綻の後である。 いわゆる危機への過剰反応により流動性が過剰に注入され(販売ブーム)、その後、流動性が枯渇し、景気後退(販売不振)に陥るというものである。 添付の物価指数のグラフが示すように、FRB が好むインフレ目標である消費者物価(食料とエネルギー価格を除く)は、定期的かつ緩やかなペースで上昇していた。 2003年から2009年の間に、この指標は14.3%上昇した。

FRBのインフレ目標指標は「問題なし」のシグナルを発していたのである。 しかし、主要な相対価格の急激な変動は足元で起きていた。 ケース・シラー指数で測定される住宅価格は、2003 年の第 1 四半期から 2006 年の第 1 四半期のピークまで 44.7% 上昇し、急騰していた。 6002>

最も劇的な価格上昇は商品価格であった。 商品調査局のスポットインデックスで測定すると、商品価格は2003年の第1四半期から2008年の第2四半期のピークまで92.2%上昇した。 オーストリア学派からの主な教訓は、中央銀行の政策を導くために物価水準という1つの魔法の指数にのみ依存することに対する彼らの極端な懐疑論でした。

実際、ハイエクは、一般物価指数の変化にはあまり有益な情報が含まれていないと強調しました。 彼は、景気循環の間の異なる市場価格の乖離した動きこそが重要であることを示したのである。 バーナンキ議長がFRBの過失を否定したことは、興味深い問題を提起している。 1975年にミルトン・フリードマン教授を記念して出版されたエッセイ集『資本主義と自由』(Capitalism and Freedom: ゴードン・タロック教授は次のように書いています:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。