競業避止義務契約?

「競業避止義務契約は、書かれた紙と同じ価値があるのでしょうか」。 これは、雇用主や従業員と競業避止義務の執行について話をする際に、通常、最初に聞かれる質問です。 そして、私の答えはいつも同じです。 なぜなら、フロリダ州では特定の状況下で強制力を持つからです。

Non-compete agreements and agreements with other restrictive covenants are governed by Florida Statute Section 542.335(競業避止義務に関する契約およびその他の制限条項付き契約は、フロリダ州法第 542.335 条に準拠しています。 すべての非競争協定が施行されるために満たさなければならないいくつかの基本的な要件があります。 まず、契約は書面で、従業員によって署名されなければならない。 第二に、それは “合法的なビジネスの利益 “を促進する必要があります。

「正当なビジネス上の利益」という用語は、法律に定義されており、以下のものを含みますが、これに限定されるものではありません。 (1) 企業秘密、(2) 企業秘密に該当しない貴重なビジネスまたは専門的な機密情報、(3) 特定の見込み客または既存客、患者、クライアントとの実質的な関係、(4) 「トレードドレス」に関連する「顧客の信用」、および (5) 特別または特殊なトレーニング。

私の経験では、上記の分野のうち、最も一般的な分野は元社員と元顧客、患者、クライアントとのビジネスや、元雇用者に属する機密情報の使用に関することでした。 よくある例として、元従業員が以前の雇用主を辞め、新しい職場に顧客リストとその連絡先を持ち込んだとします。 そして、元従業員が元顧客に連絡を取り、新しい雇用主にビジネスを移管しようとする。 その他の基本的な要件が満たされていると仮定すれば、裁判所は通常、競業避止義務を執行し、違反を阻止するための差止命令を出します。 勧誘した顧客の数にもよりますが、裁判所は、元従業員が競合他社で働くことを完全に止めるのではなく、元従業員が接触した顧客に差止命令を限定する場合もあります。

同様に、元従業員が雇用主を離れ、企業秘密や機密情報を持ち出した場合も、裁判所は通常、契約を執行します。 私が最もよく見る例は、元従業員が顧客リスト、価格設定、特定のビジネスおよびマーケティングプランなどの情報を持ち出すことです。

また、よくある質問として、元従業員が契約のために生計を立てたり仕事を得ることができないので、契約は強制力を持つかどうかということがあります。 フロリダ州議会はその問題を正確に取り上げ、裁判所は強制執行が求められる人物に生じるかもしれない、いかなる個別的な経済的またはその他の苦難を考慮することは許されないと、法令に具体的に書き記したのです。 したがって、元従業員が、家族を養わなければならず、契約が執行されるとそれができなくなると主張しても、裁判所は、契約を執行するかどうかを決定する際にその主張を考慮することはない。 Florida Legislatureは、法令にパラメータを置くことにより、この問題に対処しようとした。 例えば、6ヶ月以下の拘束は合理的と推定され、2年以上の拘束は不合理と推定される。 裁判所は、一般に、特別な要因がない限り、疑問なく2年までの拘束を執行している。

制限される地理的位置は、ケースバイケースで決定される。 ほとんどの裁判所は、元の雇用主が事業を行う場所の一定範囲内での執行を認めている。 協定地域は、郡、距離、または地理的なエリアによることができます。 私の経験では、元雇用主が競業避止義務の対象となり得る地域で事業を行っていない場合、裁判所は、元雇用主が実際に事業を行っているその地域に執行範囲を限定することがほとんどです。

私がよく聞くもう一つの質問は、契約が新しい購入者ではなく旧会社と締結されていた場合、事業の後続購入者は、競業避止契約を執行できるか、というものです。

競業避止義務または制限的誓約に違反した場合、どのような救済措置があるのでしょうか。 一般的に、差止命令による救済は、元雇用主が求める望ましい救済策です。 雇用主は違反をやめさせたいと考えており、金銭的損害賠償は必ずしも簡単に徴収・立証できるものではありません。 さらに、この法律では、訴訟の勝訴者が非勝訴者から妥当な弁護士報酬を徴収することを認めています。 つまり、元従業員は、差止命令だけでなく、裁判所が元雇用者に有利な判決を下した場合に、元雇用者が負担する弁護士費用にもさらされるのです。

競合禁止を行使する理由はすべてありますが、行使されない場合もありますか。 短い答えは「はい」です。特に、元従業員が以前の顧客に対して勧誘、販売、接触、取引をしていない場合(機密情報や企業秘密を使用していないと仮定して)です。 一般的な理由は、顧客がまだ以前の雇用主と取引をしており、新しい雇用主にビジネスを移していない場合、元従業員による競争行為は、以前の雇用主に実際には損害を与えないからです。

この記事で扱っていない大きな要因として、競合禁止契約の執行に取り組む際にすべての裁判所が検証する事実特有の状況が挙げられます。 長年にわたり多くのケースを訴訟し、裁判を行ってきた経験から、違反の証拠、特に元顧客への勧誘や取引に関する証拠は、裁判所が競業避止義務を執行するかどうかにとって非常に重要であると断言することができます。

ですから、今度、非競争契約が書かれた紙の価値があるかどうかを考えるとき、特に契約の違反を示す特定の事実と状況によってサポートされていれば、それは間違いなく価値があることがわかると思います。 彼は、競業避止義務契約およびその他の制限的誓約に関する多くのケースを訴訟および審理し、特定の競業避止義務契約に関する権利と暴露について雇用者と被雇用者にカウンセリングとアドバイスを提供しています。 また、Johnson Popeの同僚と協力し、非競争協定の起草にも携わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。