世界でいちばん深い穴

地球の中心まで穴を開けるにはどうしたらいいか考えたことがありますか? 難しそうだと思った方、その通りです。 地球の中心まで掘削した人はいないばかりか、地殻を貫通させた人さえいないのです。 実際、私たちは地球の地下に何があるのかよりも、宇宙について知っているのです!
私たちは、地球には層があることを知っています。 地球は、地殻、マントル、核からできています。 マントルにもコアにも内側と外側の成分があります。

地球内部の温度範囲(温度の出所)(© 2019 Let’s Talk Science using an image by Mats Halldin Vectorization: Chabacano via Wikimedia Commons)

何を発見したのか

Kola Superdeep Boreholeは、多くの魅力的な発見をもたらしました。 たとえば、地下にはたくさんの水がある!ということです。 この発見は、最も重要なものの一つでした。 科学者たちは、この水が実は地球のマントルや地殻の一部を構成する岩石の中に閉じ込められていると考えています。 水素原子と酸素原子の形で閉じ込められていると考えられているのです。 掘削の過程で、この閉じ込められた気体原子の一部が放出され、水が生成されたのです。

科学者たちはまた、地表から約6.7キロメートルの深さで、微小なプランクトンの化石を発見しました。

コラ・スーパーディープ・ボアホール・プロジェクトが終了したのは、掘削者が非常に高温で中空の空洞にぶつかり、「叫び声」が漏れる音を聞いたからだという噂が広まりました。

その後、他の超深穴は掘られたのでしょうか?

いくつかの超深穴掘削プロジェクトがコラ超深穴プロジェクトの足跡をたどっています。 1980年代後半には、ドイツの大陸深部掘削計画が独自のボアホールを掘ろうとしました。 そのプロジェクトも高温のため終了した。 深さ9 100メートルで、摂氏260度近い温度に達したのです!

また、水中で地殻を掘削しようとしたプロジェクトもありました。 日本のドリルシップ「ちきゅう」がその代表的な例です。 この船は、水深2,500メートルまでの海域で活動できるように設計されている。 さらに地殻を7,000メートルまで掘削できるように設計されている。 直近では2009年に実施された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。