ブタンガスによる神経毒性

ブタンガスによる神経毒性
急性中毒
ブタンガス吸入剤は肺系から入るため、すぐに血液中に入り数秒で中毒を引き起こす。 吸入剤の急性作用としては、めまい、高血圧(血圧の上昇)、頻脈(心拍数の上昇)、協調運動障害、見当識障害、時間的ゆがみ、錯乱、太い滑舌、せん妄、幻覚、暴行、自殺企図などがある。 吸入剤によっては、回復に数分から数時間かかるか、まったく回復しないこともあります。 赤血球からの酸素置換、低酸素および窒息のため、1回の使用で致命的な状態になることがあります。 吸入剤の使用後に報告された不快な症状には、激越、発作、運動失調、頭痛、およびめまいがある。
慢性効果
慢性吸入剤の乱用は、脳から手および足に命令を送る運動ニューロンを破壊する。 これらの運動ニューロンが破壊されると、手仕事や精神的な作業を行う能力の低下など、さまざまな程度の運動障害が生じます。 例えば、トルエンの蒸気は、特に脳内でこの脂溶性の化学物質を高濃度に発生させます。 トルエンの乱用者は、協調性の欠如、疲労、精神障害などの症状を呈し、次第に中枢神経系に永久的な損傷を与えるようになる。 吸入剤のほとんどは、ある程度の肝毒性(肝臓の障害)を引き起こします。 フレオンのようなハロゲン化炭化水素は、重度の肝毒性を引き起こす。
吸入剤の中には、心臓の生理機能を変化させ、心不全のリスクを高めるものがある。 例えば、ブタン(ライターに含まれる)、フレオン(エアゾール推進剤に含まれる)およびトルエン(接着剤に含まれる)は、心収縮を刺激する神経伝達物質であるノルエピネフリンに対して心臓細胞を過敏にさせる。 吸入剤は、赤血球による酸素の結合または放出を阻害することにより、酸素の輸送を妨げます。 その結果生じる低酸素はまた、ノルエピネフリンに対する心筋細胞の過敏性を引き起こす。 ノルエピネフリン過敏症と低酸素症は、心筋の除細動や不規則な収縮を引き起こすことがある。 突然嗅覚過敏死(SSD)と呼ばれる症候群が前触れもなく発生し、吸入を中止しても一連の現象は元に戻らない。 SSDの犠牲者はしばしば、何かがおかしいと感じ、吸入していた場所や源から逃げ出し、その後、倒れ、死亡する。
神経毒性効果
慢性吸入剤乱用の毒性効果として最もよく知られているのは、永久的な大脳および小脳神経学的障害である。 長期乱用者は、記憶喪失、認知障害、睡眠障害、うつ病、不安、および人格変化からなる神経学的症候群の重大な危険にさらされている。 慢性的にガソリンを吸引する患者では、永久的な認知障害もよく報告されている。 長期にわたる職業的化学物質への暴露(例.
n-ヘキサンと亜酸化窒素の慢性的な乱用は、深い感覚運動性多発ニューロパチー(n-ヘキサン)および脱髄性多発ニューロパチーと四肢脱力(亜酸化窒素)などの末梢神経障害を引き起こすことがよく知られているが、これは多くの必須生化学反応における重要補因子であるビタミンB12の不活性化に関係していると思われる。
有鉛ガソリンの吸入は、有機鉛中毒による神経学的合併症のリスクを高める。 これには、精神錯乱、短期記憶力の低下、精神病、脳症が含まれる。 無機鉛中毒の症状(頭痛、腹痛、肝障害、腎障害)も、ガソリンを慢性的に吸入した患者で報告されている。
動物や人間の研究によると、ほとんどの吸入剤は非常に毒性が強い。 吸入剤への慢性的な暴露による最も
重大な毒性効果は、おそらく脳や神経系の他の部分への広範囲かつ長期にわたる損傷です。 例えば、動物実験とヒトの
病理学的研究の両方が、トルエンのような揮発性溶剤の慢性的な乱用が、脳と末梢神経系の特定の神経繊維の周りの
保護鞘を損傷することを示しています。
長期にわたる吸入剤の乱用による神経毒性には、認知、運動、視覚、聴覚の制御に関わる脳の部分への
損傷を反映する神経学的症候群が含まれます。
認知機能の異常は、軽度の障害から重度の認知症にまで及びます。その他の影響としては、動作の調整困難、痙性、感覚や聴覚、視覚の喪失があります。 慢性的な暴露は、心臓、肺、肝臓、腎臓に重大な損傷を与える可能性があります
。 吸入剤による神経系
や他の器官へのダメージは、吸入剤の乱用を止めると少なくとも部分的には回復することがありますが、
反復または長期の乱用による多くの症候群は回復不可能です。
妊娠中の吸入剤の乱用は、乳児や子供に
発達障害のリスクを高める可能性もあります。 人間の吸入剤乱用パターンをシミュレートした動物実験では、トルエンまたはトリクロロエチレン(TCE)への出生前の曝露により、出生時体重の減少、時折の骨格異常、神経行動発達の遅延が生じる可能性が示唆されています
。 慢性的に溶媒を乱用する母親の新生児に異常があることを指摘する症例報告が多数あり、
これらの子供の一部にはその後の発達障害を示す証拠がある。 しかし、
ヒトにおける吸入剤への出生前曝露の影響に関するよく管理された前向き研究は行われておらず、
特定の化学物質への出生前曝露と特定の出生欠陥や発達問題とを結びつけることはできない

Brick, J. (1998). 吸入剤、技術文書No. Yardley, PA: Intoxikon International.
Broussard, L. (1999). 吸入剤。 B. Levine (Ed.). 法医学毒物学の原則(pp 345-353)。 ワシントン。 アメリカ臨床化学協会
Kolecki, P and Shih, R. (2003). 吸入剤の乱用。 J.ブリック(Ed.)で。 Handbook of the medical consequences of alcohol and drug abuse (pp 579-607). ニューヨーク: Haworth Medical Press.
pulled from wicked roots
i felt ill when I used butane and now I know why

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。