ひまわりの種。

古くは紀元前3000年頃から、北アメリカのインディアンはヒマワリの種を粉にしてケーキやお粥、パンに混ぜたり、豆やカボチャやトウモロコシと一緒に粉にしたり、スナックで種を割って食べていたそうです。 ヒマワリの種を温かいシリアルや冷たいシリアルに混ぜたり、フルーツやヨーグルトのパフェに重ねたり。 ヒマワリの種は健康的なスナックとして、またトレイルミックスに加えることもできます。 ペストやサラダ、マフィン、クイックブレッド、クッキーなどの焼き菓子にも、ナッツの代わりにお使いください。 しかし、ベーキングレシピで穀粒と重曹を一緒に使うと、化学反応が起こり、焼き菓子が青や緑に染まってしまいます。
ヒマワリの種のバターは、スーパーマーケットや健康食品店で購入できますが、自分で作ることもでき、ピーナッツアレルギーの人のための良い代替品となります。 サンドイッチやリンゴのスライスに塗ったり、フムスのタヒニの代用として使うこともできます。 ヒマワリ飲料は、ローストした穀粒で作られており、保存可能な紙パックで販売されています。
小さな種、大きな健康効果
ゴッホの絵に描かれていても、庭に植えられていても、ヒマワリの堂々とした姿は魅力的です。 しかし、その魅力はもっと深い。
小さな食用のヒマワリの種の中には、栄養がぎっしり詰まっているのです。 1オンスのローストカーネルは170キロカロリーで、タンパク質、食物繊維、亜鉛、葉酸、ビタミンB6が豊富に含まれ、ビタミンEとリンは1日の摂取量の約3分の1を供給しています。 また、健康に良い不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。
ひまわりの種は、健康な細胞構造、神経伝達物質アセチルコリンの合成、胎児の脳と記憶の発達に重要な必須栄養素コリンを含んでいます。 100gのひまわりの種には55mgのコリンが含まれており、1日の適切なコリン摂取量は男性550mg、女性425mgとされています。 ラテックスアレルギーの患者は、IgEを介した食物誘発反応のリスクが高まる可能性があるため、ヒマワリの種を食べる際には注意が必要です。
ヒマワリの種の量的調理
ヒマワリの種には、殻付き、殻付き、発芽した穀物、生、乾煎り、油焼き、素、塩味、風味付けなどのさまざまな形態があります。
大量のレシピをお求めの場合は、カーネルをマルチパウンドバッグでケース単位でご注文ください。カーネルも殻付き種子も、スナックラックに最適な1食分パックをご用意しています。
生のカーネルは密閉容器に入れて涼しくて乾いた場所で3ヶ月、殻付き種子は1年保存可能です。 保存期間を延長するには、ひまわりの種をラップして冷凍すると2年まで保存できます。 ローストした種は、室温または冷蔵庫で2週間まで保存できます。 サラダバーによく並ぶひまわりの種ですが、ワッフルやパンケーキの生地、キャセロールや蒸し野菜のトッピング、穀物料理、ツナサラダ、フルーツ缶詰の付け合わせに使うと、歯ごたえと栄養がアップします。 焼き菓子やサンデーバーにもどうぞ。 発芽させたひまわりの種は、サラダやサンドイッチに面白みを加えてくれます。

Cinnamon Vanilla Sunflower Butter

Developed by Marisa McClellan

材料
生のひまわりの種2カップ
ひまわり油1/4カップ、分ける
海塩1/2ティースプーン。 バニラビーンズペースト大さじ2(適宜)
シナモン小さじ3(適宜)

作り方

  1. オーブンを325°Fに予熱しておく。 天板にひまわりの種を敷き詰める。 オーブンで25~30分、種が香ばしくきつね色になるまで焼く。焼くときに少なくとも2回かき混ぜ、均一に焼く。
  2. トーストした種をフードプロセッサーに入れ、海塩とひまわり油大さじ1を加えて、プロセッサーを動かし始める。
  3. バターのようになったら、バニラペーストとシナモンを加え、混ぜ合わせる。
  4. 味見をして、必要ならシナモン、バニラ、塩をひとつまみ加える。
  5. 1½カップ分

レシピはFood in Jars (Running Press 2012) by Marisa McClellanから転載しました。

ひまわりマフィン

レシピ:Cara Anselmo, MS, RD, CDN

中サイズのマフィン12個分

材料
全粒粉
4/8カップ汎用粉
1ティースプーン. ベーキングパウダー
塩小さじ1
ひまわり種バター1カップ
ブラウンシュガー1カップ
キャノーラ油
未精製ココナッツオイル1カップ
卵1個
小さじ1.5
砂糖1個
ベーキングパウダー1カップ
砂糖1個
砂糖1個
砂糖1個
砂糖1個
砂糖1個 バニラエッセンス
½カップ アーモンドミルクまたは豆乳
1カップ細かく刻んだミックスナッツ(私はピーカン、カシューナッツ、ブラジルナッツ、ヘーゼルナッツ、または私が手元にあるものを使用)

方向

  1. 予熱オーブンで375°、マフィン型に紙ライナーを敷きます。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜ合わせ、置いておきます。
  3. 標準ミキサーで、ひまわりバター、砂糖、オイル、卵、バニラを混ぜ合わせます。 豆乳を加え、生地が均一になるまで混ぜます。
  4. 上記の材料に乾燥材料を加え、ちょうど混ざるまで混ぜます。
  5. マフィンカップの3/4程度まで生地を入れる。
  6. マフィンの上に残りの刻んだナッツ1/2カップを振りかける。
  7. 25分、または表面に焼き色がつき、中央にナイフを入れるときれいに取れるまで焼く。

料理メモ
このマフィンは焼いてすぐでも美味しいですが、焼いた後数時間置くとより美味しいです。 また、ホイルに包んで冷凍庫で2ヶ月間保存できます。

Diane Quagliani, MBA, RDN, LDN, is president of Quagliani Communications, Inc, a nutrition communications firm in Western Springs, Ill.

は、Diane Quagliani, MBA, RDN, LDNが、クアリアー二・コミニュケーションズ(イリノイ州)の社長です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。